Swan Styleのブログ

ブログ

#ビジネスマナー 身だしなみ「お客さまは何も言わない」

みなさま、こんにちは。
スワンスタイル工藤静香です。

久しぶりの更新です。

本日は#ビジネスマナー 身だしなみについてお伝えします。

「身だしなみは 自己満足<他者満足」

研修で毎回お伝えする言葉です。

実はその昔、私は身だしなみに関しては劣等生で、一度痛い思いをしたことがあります。

当時、不動産営業職だった私は、香水をつけていました。
量は控えめにしつつも、当時の私は
「嫌な匂いよりも良い香りをさせていた方がお客さまからのウケが良いだろう」
と考えていました。
案内中にお客さまから尋ねられました。
「これは香水ですか?」
続けて
「うちの会社は男連中ばっかりだから、いい匂いがすることはまず無いなぁ」
私は褒められたと思い「ありがとうございます」と
お礼を伝えて案内を終えました。
後日、上司から、そのお客さまが上司に充てたメールを見せられました。

そこには
「案内してくれた女性の香水が強かった」
「さりげなくそれを言ったつもりなのに、まったく気が付かなかった」
そんな言葉が連ねてありました。
もちろん、そのお客さまの担当から外れることになりました。
自分が良いと思うものが、相手にとっても好ましいとは限りません。
お客さまは私たちが考えている以上にコンサバティブ(保守的)です。
だからこそ私たちの服装に違和感や不快感を感じたとしても
直接おっしゃるようなことはまずありません。
多様性が重視される時代において
身だしなみのマナーは、一見古い考え方のように映るかもしれません。
けれどもマナーを守っていれば私のような大けがをすることはありません。
皆さんは気が付かないうちに大けがをしていませんか?
今一度ご自身の身だしなみを振り返ってみてはいかがでしょうか。

香水 に対する画像結果